田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

本 の記事一覧

この世界の片隅にを見て小屋に帰宅

2017.02.02 (Thu)
東京にいる間にどうしても見ておきたい映画がありました。

20170201153738.jpg

この世界の片隅に という戦時中の日本を舞台にしたアニメ映画です。

普通に見ると1800円もするので金券ショップで前売り券を安く買って観ようとしました。しかしどの金券ショップを尋ねても売り切れ状態です。

どうもこの映画は口コミで人気が広まったらしく、前売り券があまり出回っていないそうです。うーむどうしたものか・・・・


20170201154156.jpg

今日は2月1日。毎月1日は映画の日なので1100円で映画をみることができるのです。わざわざ映画を安く見たいがためにこの日まで粘って東京に滞在していたのです。

13時10分の上映を見ようと思ったんだけど寝坊してしまって映画館にたどり着いたのが13時00分・・・・早くチケットを買わないと!!!

ほぼ満席状態だったけどかろうじてスクリーン右手前の席が残っていたので良かったです。


感想

ストーリー自体は原作の漫画を読んでいたのでいい話なのは分かっています。独特の世界観が魅力的な漫画で、この世界観を映画でどう表現してくれるのかとても楽しみでした。

あのシーンはこうやって表現したのか・・・・おお、このシーンはこういう音楽を入れてきたか・・・と予想以上の世界観の表現に驚きました。

原作は良かったのに映画になったら落ちたよね・・・・・そんな話はよく聞くけどこの映画は違います。原作の良さが映像なって更にレベルアップしています。

最後のエンドロールでクラウドファンディングで応援してくれた人の名前も出ていました。そこで初めてこの映画はクラウドファンディングで作られたものだと知りました。

調べてみると資金を募集してからわずか11時間で目標額の1,080万円を達成して最終的には4000万円近くも集まったそうです。それだけ期待されていた映画だったんですね。


20170201183941.jpg

そして千葉に戻ってきました。もうまっくらだ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

徳弘正也

2016.05.31 (Tue)
最近暇つぶしに伊集院光のラジオを聞いてるんだけど、その中で新ジャングルの王者ターちゃんの話題が出てきてちょっと懐かしくなって、それがきっかけで最近徳弘正也の漫画を読みまくってます。




今から15年くらい昔、ぼくがまだ中学生だったとき、ブックオフでこの漫画を立ち読み。ギャグの面白さにハマってしまって、1巻~10巻くらいまでまとめて買いました。

新ターちゃんは全部で20巻あるんだけど、14巻以降がなかなか手に入らなくて、雨の日も風の日もブックオフに通い、苦節半年かけてやっと全巻集めた思い出があります。

新ターちゃんですっかり徳弘正也の漫画にハマってしまい、旧ターちゃん、シェイプアップ乱、ターヘルアナ富子なども集めました。


狂四郎2030(12) [ 徳弘正也 ]
価格:689円(税込、送料無料)



1997年以降、徳弘正也は青年誌に活動の場を移します。狂四郎2030はシリアスで人間の救いようのないえげつなさが全面に出ています。

これはこれで面白い作品なんだけど、ちょっと鬱になりますね。




バンパイア、昨日一気読みしました。前作の狂四郎は面白い作品なんだけど鬱要素が強すぎてちょっとくどいところがあったけど、このバンパイアはシリアス、鬱、ギャグのバランスがちょうどいい感じで最高でした。





狂四郎、バンパイアは素晴らしい漫画なんだけど、徳弘ファンとしてはシェイプアップ乱のようなショートギャグストーリーをもう一度読みたいなーって思ってたら2008年からまた描いてるみたいです。

徳弘ギャグの切れ味の鋭さは健在で、腹が捩れるほど笑いました。

残念ながらふぐマンは6巻で打ち切りになったみたいだけど次に水戸黄門をテーマにしたギャグ漫画を執筆したみたいです。まだ読んでいないので、機会があったら読みたいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク
 | HOME |  Next »