田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

自転車のオーバーホール(分解洗浄)

2014.07.31 (Thu)
最近自転車の調子が悪くなってきました。簡単な手直しなどでごまかしながら乗っていたのですが、走行距離も3000km近くになるし、そろそろしっかり整備しないといけないと時期かなと思います。そこで本日はオーバーホール(分解洗浄)をしようと思います。

①ハブの清掃、グリスアップ

DSCF1196.jpg
まずは自転車を逆さまにしてホイールを外します。ハンドル周りのアクセサリーが地面につかないようにブロックで少し浮かせています。

DSCF1203.jpg
最初はリアホイールのハブから行きましょう。専用の工具でスプロケを外します。(外したスプロケはパーツクリーナーで洗浄)そして反フリー側(スプロケがついていない方)をハブスパナでハブを開けます。

DSCF1205.jpg
するとゴムのシールが出てくるのでマイナスドライバーで外して中にあるベアリングを取り外します。


DSCF1207.jpg
フリー側は構造がよくわからないのでベアリングだけ外しました。ベアリングは細い棒でほじくれば簡単に出てきます。

DSCF1209.jpg
取り出したベアリングなどをパーツクリーナーで洗浄しました。

ハブも同様に洗浄したらグリスをたっぷり塗り、ベアリングをはめこみます。

DSCF1210.jpg
フリー側

DSCF1211.jpg
反フリー側

DSCF1213.jpg
そして絶妙な力加減で玉当たり調整をして出来上がりです。僕の場合はほんの少しガタがでるくらいで調整してます。

DSCF1216.jpg
前輪も同様に分解洗浄玉当たり調整して完成です。

②フロント周りの分解洗浄

DSCF1219.jpg
専用工具でクランクを自転車から外します。クランクは2本のネジで固定されていて、それぞれのネジにワッシャーがあるはずなのですが(↑の写真)片方のネジのワッシャーが見当たりません。周囲をいくら探しても全く見つからなかったのでshimanoに発注するしかないかと思った矢先・・・・

DSCF1222.jpg
クランクのネジ穴をよく見たらワッシャーが固着していました。こんなの普通気づかないよw

DSCF1217.jpg
専用工具でギアを分解します。全部アーレンキー(六角レンチ)で分解できれば楽なんですけどいちいち専用工具が必要なのがめんどくさいところですね。

DSCF1225.jpg
そしてパーツクリーナーで洗浄して、組み上げます。さすが分解しただけあり隅々まで綺麗になってますね。

③ホイールの振れ取り


動画を見てもらえばわかりますが結構振れてますね。

DSCF1234.jpg
ニップルレンチで調整しましょう。本当は振れ取り台を使いたかったのですが、東京に置いてきてしまったのでブレーキパットを目安にして調整しました。

DSCF1235.jpg
スポークをしごいてよじれを取るのも忘れずに!


触れ取り後の動画です。ちょっとはマシになったでしょう。振れ取り台があれば縦振れも見たかったのですが、それはまた今度ですね。

④細かいところの洗浄、調整
あとは細々したところを洗浄するだけです。リアディレイラー、フロントディレイラー、ブレーキ、チェーン、BB裏のワイヤーガイド、etc・・・・にパーツクリーナーをブシャー!!っと吹きかけてウェスでさっと吹くだけの簡単清掃です。後は油を刺して、ブレーキのクリアランスや変速を調整して完成です。

DSCF1237.jpg
一日がかりで整備した自転車です。暑さや蚊の猛襲にもめげず黙々と作業して無事終わりました。
早速この自転車で体育館までシャワーを浴びに行きました。ギア2枚分はペダルが軽くなったような感じがします。変速もスパスパ決まるし乗っていてとても気持ちがいいですね。今回の整備で使ったお金はパーツクリーナ代180円のみです。グリス、オイルはストックがあったのでそれを使いました。

おまけ

自転車の整備で体力をつかったのでハーブティーを作って一休みしようと思います。

DSCF1228.jpg
摘み取ったハーブをロケストで煮込みます。

DSCF1231.jpg
鍋の下に土などが沈殿しているので上澄みをコップ入れて飲みました。口や胃の中がスッキリとしますね。欲を言えば冷やした物が飲みたかったですね。炎天下の中、冷たいものを飲むと、母親がよく「暑い日は温かいものを飲め」と言っていたのを思い出します。




































にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック