田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

因果応報

2015.03.11 (Wed)
昨日と今日は現場実習で船橋まで行ってきました。周りと比べ、ぼくは動きがトロいため、何回か怒鳴られた・・・・ていうか何をすればいいのかよくわからん・・・・何すればいいのかわからんから、どう動けばいいのかもわからん・・・・精神が磨り減っていくああああああふぁあああふぁああはははあああはあはは・・・


帰宅途中スーパーのフードコートでプリンを食べていたら昔のことをふと思い出した・・・


7年ぐらい前、食品会社で現場監督をやっていたことがあり、その時に60歳近い派遣のおじさんが従業員として入ってきた。そのおじさんは炒めものをする部署に配属された。おじさんは元気で、愛嬌があり、周りのみんなに慕われていた。


しかし、そのおじさん、うっかりミスが非常に多く、調理の工程をよく間違うし、作る量もよく間違っていた。最初のうちは「ミスはだれにでもあるさ!」とおおらかな目で見ていたが、あまりにも頻繁にミスを連発するので、ついにぼくはキレてしまった・・・・・・


ぼく「おい!じじい!!!何回ミスしてんだよ。ちゃんとレシピ見て作ってんのかコラ!!!材料費だってタダじゃねえんだよ!おい、聞いてんのかよコラああああ」


先輩が怒り狂うぼくのところに駆け寄ってきました。


先輩「ちょ、ちょっとかつや君、落ち着きなよ・・・・ちょっと言いすぎだよ・・・・」


怒り狂うぼくを、先輩がなだめてその場は収まった・・・・・おじさんはとても萎縮してしまっていてた。そして次の日も同じミスを繰り返した・・・・・


おじさんがミスする度ににぼくは「なんでミスるんだよ!」怒る。そしておじさんは萎縮・・・・・・


おじさんが派遣契約最後の日・・・・ぼくのところ挨拶にやってきた。


おじさん「かつやさん、今まで本当にお世話になりました。かつやさんにはいろいろなことを勉強させてもらいました。本当に有難うございます。」


正直面食らってしまった。いつも怒鳴りまくっているようなぼくに最後、勉強になりましたと深々と頭を下げにきた姿を見て、自分の今までの怒鳴り散らしてきた行為が、なんともみっともなく、愚かしい行為だったかととても反省させられた。


振り返ってみれば「ミスをするな!」と怒鳴ってばかりで、なぜミスをするのか?どうすればミスを減らせるか?などを全く考えていなかった。怒鳴るなど全く意味のないことだった。相手を萎縮ばかりさせて全く効率的ではない・・・・


今考えるとおじさんは自分の仕事をよく理解していなかったのではないかと思ってしまう。理解不足のまま仕事をさせてしまったため失敗を繰り返す、なぜ理解不足なのか・・・・それはぼくの教え方が下手だったからではないか・・・・とおじさんの失敗の原因を辿って行くと自分の未熟さにたどり着いてしまう・・・・


今ぼくは怒る側から怒られる側になった・・・・・・何をすればいいのかよく理解できない→あたふたしてしまう→怒られてしまう→萎縮してしまう・・・・


これはぼくがおじさんにしてきたことの因果応報ではないだろうか・・・・・フードコートでプリンを食べながらこんなことをふと思ってしまった・・・・・涙が止まらない(´;ω;`)





にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック