田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

薪ストーブで作る料理は格別に美味い!

2015.08.11 (Tue)
松野さんの別荘に居る間の食事はすべて松野さんが作ってくれました。

20150808120452[1]
涼しい顔で調理する松野さん

炊事小屋にガスや電磁調理器などはありません。すべて薪ストーブを使って調理します。この糞暑いのに薪ストーブだって!?と思うかもしれませんが、ここは標高800メートルの別荘地なのでとても涼しいのです。


20150810130559.jpg

紙ゴミや剪定した木の枝など様々なものを燃料にできます。ロケストのような排気も出ないし太い木も難なく燃やせる優れもの。松野さんいわくスレンレス製の薪ストーブならば手入れをしながら使えば8年は持つそうです。


20150810123800.jpg
火が安定した煙突

燃やし始めは少々くすぶるけど、火が安定してくるとほとんど煙は出ません。


20150809120831.jpg

焼き魚


20150810123417.jpg

ステーキ、ラタトゥーユ


20150809212444.jpg

クラムチャウダー

20150808201853.jpg

鰹のたたきサラダ


20150809211449.jpg

ポテトサラダ

20150810211245.jpg

ピザ


松野さんの料理テクには圧巻です!もう薪ストーブのスペシャリストと行っても過言ではないですよ!


松野さん「吉田くんも薪ストーブを使って味噌汁作ってみろよ」


20150809075930.jpg

薪ストーブ初体験です!火を入れるところから初めてなんとか味噌汁を作ってみました。人前で料理するのって結構緊張するぜ

松野さん「吉田くんは火をつけるのがうまいな!いろんな奴にストーブを使わせるんだけど皆なかなか火をつけられないんだよ。さすがロケストを使っているだけある!」

やった褒められたぞ!松野さんは取り繕わない性格です。うまく行った時はちゃんと褒めてくれるし、ダメなときは遠慮なくズバズバ言ってきます。最初は戸惑うけれど、慣れると非常に付き合いやすい性格です。別荘に滞在中、色々な人が松野さんを慕って訪ねてきましたが、みんな気兼ねなくざっくばらんに付き合っていました。

親にもよく言われるけれど、僕は自分可愛さに取り繕う性格なので人と付き合うとかなり消耗するんですよね。松野さんのように自然体でコミュニケーションできるって凄いことだと思います。今回の別荘滞在で松野さんには色々な人生勉強をさせてもらいました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック