田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

多摩川のロビンソン・クルーソーを訪ねに行く。

2015.11.19 (Thu)


モバイルハウス三万円で家を作る。この本の中に多摩川のロビンソン・クルーソーという人が出てきます。多摩川の河川敷に小屋を立てて自給自足生活をしているすごい人で、この本の著者、坂口恭平さんの師匠でもあります。

せっかくいま東京にいるのでロビンソン・クルーソーを探しに多摩川までやって来ました。

20151119144101.jpg

しかし、多摩川といってもエリアが広く、果たしてここにロビンソンが居るのかはわかりません・・・

行き当たりばったり取材で果たして会えるのでしょうか!!!


20151119113202.jpg

河川敷グラウンドの奥に、緑が生い茂ったゾーンがあります。その中にちょっとした小屋集落を見つけたので突撃してみました。

すみませーん、誰かいらっしゃいますか??

大きな声で呼びかけるも小屋からは誰も出てこない・・・はずれか。空き缶拾いにで行ってるのだろうか・・・


20151119115623.jpg

今度は違う場所を攻めてみました。なんととても立派な小屋を発見。すみませ~んと声をかけると中からおじさんがでてきました。

ここらへんで多摩川のロビンソン・クルーソーと呼ばれる人をご存じないですか?

おじさん「いやー知らないなぁ・・・」


20151119115638.jpg

ロビンソンについての情報はゲットできませんでしたが、おじさんの小屋についていろいろお話を伺うことができました。


ぼく「単管パイプで高床式の基礎になってるんですねー」

おじさん「ここらへんの小屋はみんな高床式だよ」


ぼく「外壁はどうなってるんですか?」

おじさん「5ミリのベニヤにペンキを塗っただけ。5年経つけどまだ雨漏りとかはないよ」


20151119115914.jpg

ぼく「オーディオがありますね。ふだんどんな曲を聞いてるんですか?」

おじさん「歌謡曲かな」


ぼく「ゴザが風流でいいですね。梅雨の時期とかダニなんかわきませんか?」

ぼく「ぼくの小屋はコルクマットを敷いていて、ダニがすごくわくからビニールの床にしました」

おじさん「ダニはわいたことがないなぁ。高床だからかな?」




20151119120647.jpg
窓を取り出すおじさん

まるのこ「アルミサッシの窓を使ってますよね。どちらから入手されたんですか?ぼく、いま窓がほしいんですよ」

おじさん「買ったよ。タダでほしいなら解体屋とかに行けばいいんじゃない?そういえばうちにいらないのがあるから持っていきなよ。」



20151119120740.jpg

突然おじゃましたにもかかわらず親切に対応していただき、更に窓まで頂きました。おじさん本当にありがとう!



小屋インタビュー


次回へ続く→多摩川のロビンソン・クルーソーを訪ねに行く その2
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック