田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

【痔の治療】肛門が痒いので病院に行った。

2015.11.24 (Tue)
痔が発症したのは今から5年以上前だろうか・・・

当時、スポーツ自転車を買って浮かれていたぼくは伊豆半島一周の自転車旅行を計画。

3日かけて伊豆半島を走破しました。初めての自転車旅行ということもあり達成感が半端なかったです。

しかし、夏の蒸し暑い時期に決行したのが災いして、肛門がかぶれてしまいました。それ以降肛門のかゆみにずっと悩み続けることに・・・・

意を決して肛門科へ行ったのが今から3年前。


医者「君の痔は投薬で十分治るレベルだよ。2週間もすれば完治だね。」


たしかに2週間で痒みはすっかり収まりました。しかし、投薬を中止したら痒みがまた再発・・・・

投薬→再発→投薬の流れをひたすら繰り返し、いい加減しんどくなってきました。


DSC06412.jpg

手術して完治させよう!そう胸に決めてやってきたのが盛岡にあるしんたろうクリニック。

地元九十九里には肛門科がなかったのでわざわざ盛岡の実家までやって来ました。

事前にネットの口コミを調べたところ、先生もスタッフもあまり感じが良くないが腕は確かとのこと。すこし緊張しますね。

そして先生の問診が始まった。


先生「ハウスダストアレルギーを持ってるそうだけど、薬とか飲んでる?」

ぼく「薬は飲んでません。部屋をこまめに掃除するように心がけています。」

先生「へ~えらいじゃないの!」



okkomonkasssssssdd.jpg

そしていよいよ患部の検査。先生の指が肛門に入ってくる・・・・


先生「痛くない?」

ぼく「あ、オッケーです。」

先生「えらいねー」



ネットの口コミと全然違うやん・・・とても優しい先生でした。


naijikakuleel0012222.jpg
内痔核

痔にもいろいろな種類がありますが、ぼくは内痔核というタイプみたいです。(肛門の内側にいぼ痔ができている状態。)

内痔核にもレベルがあり、ぼくは軽症の1~2相当だそうです。(投薬で治療できるレベル)


ぼく「以前も投薬で治療したけど、また再発しました。」

先生「再発するなら手術も考えたほうがいいね」



再発するならば手術も視野に入れたほうがいいとアドバイスを頂きました。手術すれば痒みが再発することはなくなるそうです。


治療例1・手術

メスで痔核を切除する方法が再発も少なく一番確実とのこと。4泊5日の入院が必要だそうです。


治療例2・ジオン注

naijikakujionchu0111.jpg

最近出てきた治療法。注射で痔核を小さくする手術。メスで切除するよりは効果は低いが肛門に負担がかからないのが特徴。こちらは3泊4日の入院が必要。


先生「お好きな治療をどうぞ。ネットに色々情報があるのでじっくりと決めてください。」


迷いますね。メスを入れるのは怖いが、効果は絶大・・・・注射も捨てがたい・・・ちょっと考えさせてくれ。


お会計

診察料 1970円

お薬料 1260円

DSC06434.jpg

上が軟膏。下がかゆみ止め。


次の記事→【痔の治療】2ちゃんねるの痔スレに勇気をもらう。そして手術を決断!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック