田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

新しい小屋を立てる計画 山武土木事務所に相談

2016.09.08 (Thu)
新しい小屋を建てるにあたって、法律の問題が立ちはだかってきます。たとえ自分の土地であろうとも無許可で勝手に小屋を建ててはいけないのです。

建築確認申請という書類を役所に提出して、正式な許可をもらってから初めて工事に取り掛かれるのです。

2015062216080aaaad6s.jpg

山武土木事務所まで行って、どうすればいいのか質問してきました。


Q.1 素人のぼくが小屋を建てるにはどうすればいいですか?

A. 建築確認申請を提出してください。素人でも頑張って提出した例もあるから根気を持って取りかかればできると思います。



Q.2 建築確認申請を出す場合、基礎は布基礎かベタ基礎しか認められないのですか?素人でそれらの基礎を施工するのはハードルが高いのですが・・・・

A, 布基礎かベタ基礎でなければいけません。しかし独立基礎が認められるケースが有ります。

①地盤調査をして独立基礎でも耐えうると判断できた場合は施工できます。しかし九十九里町の地盤はおそらくアウトだと思います。

②物置の場合も独立基礎が認められています。



Q3 物置の定義ってなんですか?

A. 物だけを置く小屋は物置とみなします。しかし人間がそこで作業をしたり、寝泊まりすると物置ではなくなります。



Q.4 建築確認申請を提出して物置を建てる→その後10㎡未満の独立基礎の小屋を建てるのは問題ないのか?

A. うーん、問題はないですけど・・・(汗)ただ作業場や住居のように人が居ることをを想定した建物ならベタ基礎か布基礎で建てないとダメですね。


Q.5 都市計画区域外で独立基礎で住居を建てているケースはどうなのですか?

A. 都市計画区域外は建築確認申請を提出する義務はないのでお咎めはないです。しかし住居として建てるならば届け出をする義務があろうがなかろうがベタ基礎か布基礎じゃないとダメですね。



とりあえず疑問に思っていることを片っ端から聞いてみました。書類の作成でわからないことがあったら土木事務所の人が教えてくれるそうです。忙しいのに色々親切にしてくれて本当に感謝です。

基礎の問題は・・・まあ左官の学校に通った経験を活かして自力でやってみるものいいかもしれませんね。型枠作ってコンクリ流すだけでしょ。そんなに難しく考えることはないと思いますよ。

ま、あんまり根を詰めると嫌になってくるので長い目でゆっくりやっていきましょ。時間はたっぷりあることだしね!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック