田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

新しい小屋計画 中古のログハウス運搬

2016.11.30 (Wed)
前回のあらすじ

今の小屋は夏は灼熱で冬は極寒・・・居住性は最悪です。

やっぱり快適な小屋に住みたいと思うようになったので新しい小屋を建てようかなーと思っていたところ「解体したばかりの中古のログハウスがあるけど欲しいかい?」と大工の松野さんから電話がかかってきました。


前回の記事→新しい小屋を建てる計画 松野さんに相談


今日は松野さんの仕事が休みだそうで、ログハウスをぼくの小屋まで運搬してもらうことになりました。


20161130094018.jpg

4畳半の小さなログハウスです。一回じゃ運びきれず、2往復しました。


20161130170334.jpg

20161130170346.jpg

1日がかりですべて運びました。外はもう真っ暗です。

雨ざらしで保管されていたのでだいぶ汚れているけど、タワシで洗ってカンナをかければ大丈夫みたいです。

代金は運賃、材料、組立指導料、全て込みで10万です。


おまけ

松野さんの最近の仕事を見せてもらいました。

便所 

20161130085604.jpg

20161130085613.jpg

板張りのオシャレな便所。

鍵がかかっていて内装は見れなかったけど壁は塗り壁で便器はウォシュレットだそうです。30万で請け負ったと言ってたと思います。


床の傾き修正

20161130085718.jpg

傾いた床をジャッキを使って水平に直して、基礎を新たに打ったそうです。日当2.5万円でやったと言っていまいた。こういっためんどくさい仕事は普通の工務店に頼むとべらぼうな値段を取られるそうです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック