田舎暮らしにあこがれて

田舎に安く土地を買い、優雅気ままな生活を目指すブログ

長野滞在記2 (ラスト)

2017.08.11 (Fri)
今日の長野の気温は34度にもなるらしいです。しかしこのログハウスは標高800メートルの場所にあるのでとても涼しくて快適

20170809140433.jpg

ハンモックを引っ張り出して吊るしてみた。あまりの気持ちよさにうとうと昼寝。なんという贅沢な時間


20170809193957.jpg

うとうとしていたらあっという間に夜になってしまった。人間は本当にリラックスした状態に入ると時間の感覚が無くなるんですね。最後の晩餐は松野さんお手製のトマトスープ。

こんな真夏でも涼しい顔でルンペンストーブを操ります。気候がいいから全然暑くない。

松野さんは現役を引退した現在は大工をやっているけど昔は少年院の先生をやっていて、その時の話をきかせてもらった。少年院界隈でレジェントと呼ばれていた話や、引退後スクールカウンセラーになろうとしたが臨床心理士の資格を持っていなかったため採用されなかった話など色々だ。

スクールカウンセラーの採用試験に行ったときに面接官に「子どもたちを指導した経験はありますか?」というような質問をされておもわず「え?」と聞き返してしまったそうだ。履歴書に少年院の教官を30年務めたと書いているだろうに・・・

非行少年達を30年間指導し続けたノウハウを持つ松野さんと、ついこの間大学で臨床心理士の資格を取っただけの新米では悲しいことに資格持ちの新米が優先して採用されてしまうらしい。


翌日

20170810062949.jpg

本日、朝の電車で長野を発ちます。松野さんがおにぎりを握ってもたせてくれました。

松野さん「握り飯なんて普段作らないから味は分かんねーぞ!」



20170810074110.jpg

松野さんに見送られて長野を後にした。おにぎり美味しかったです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

スポンサードリンク

トラックバック